img_02

体を動かす事が不自由な人のサポートの仕方

体を動かす事が不自由になってしまったからといって、自力で出来る事までお世話してしまったのでは、ますます体が動かなくなるばかりではなく、活動する気持ちや生きる気力が減退してしまう事にも繋がってしまいますから、自力で出来ない事に関してサポートを行っていく事が大切です。
自立を促すためには介護用品を上手に利用すると、お互いに負担無く生活を送る事が可能になります。


介護用品にはベッドがあります。

お勧めの東京の老人ホームを理解するには正しい知識が必要です。

畳に布団を敷いて寝ていると起きる時に転倒する可能性が高いことや、ベッドからの方が起き上がりやすく、足を床に下ろして楽に立ち上がる事が可能になるため、自力で起きる習慣も身に付きやすくなります。

神奈川の老人ホーム情報のことならお任せください。

衣類選びもとても大切です。

着替えが面倒だといつも寝巻きを着せていたのでは、生活にメリハリが無くなり外出も億劫になってしまいます。



気分をリフレッシュさせ、より活動的にさせるためにはお洒落をすることも大切です。


介護用品には介護衣類も沢山あります。着用しやすい工夫がなされており、自力で着替えが行なえたり、デザインや色柄も介護衣類と分からないほどのお洒落のものが多いですから、何を着るのか選んだりする事を楽しむ事によって活動的になり、積極的に外出したりお友達と会話を楽しんだりする事が出来るようになります。
自力で食事を食べることも自立して生きるためには大切な事で、介護用品の食事補助具や介護食品などを利用する事もおすすめです。

握力が弱まっても利用が可能な構造になっている箸やスプーンなどを利用し自力で食事を食べるだけで、食事が楽しくなったり、美味しく味わって食べることが可能になり、イキイキとした生活が送れるようになります。


介護用品には外出をサポートするものも沢山あります。履きやすく滑り止めが付いている靴であったり、尿失禁を気にしないで済む下着や、足の不自由な方のための杖や車椅子など様々です。

体の不自由さに合わせて介護用品を選ぶ事が大切で、過度にサポートをせず、見守る事も必要です。